ABOUT | 白州杜苑

私たちのご紹介

私たちがつくるもの

農家直送、新鮮有機野菜セットと大変希少な有機加工食品を販売しております。
私たちが活動している北杜市白州町は南アルプスユネスコエコパークに認定されているとても自然豊かな土地です。
標高600~750メートルに位置する畑で、無農薬、有機栽培の野菜を年間30品目ほど栽培しています。
日照時間は日本一長く、南アルプスの澄んだ天然水が豊富な土地で、標高も高く朝晩の寒暖差が大きいため野菜に甘味と旨味が凝縮されています。

また、有機加工食品は素材の味を大切にし、やさしく、とてもマイルドで口当たりの良い商品作りを心がけています。
ぜひ私たちの有機野菜や有機加工食品を味わってみてください。

  • 春の有機サニーレタス

  • 味わい深い有機ししとう

  • 甘くて美味しい有機にんじん

  • 自然豊かなピーマン畑

北杜市白州町ってどんなところ?

2014年6月12日にスウェーデンで開催された第26回MAB国際調整理事会において、南アルプスユネスコエコパークが正式に登録承認されました。 南アルプスは3,000m峰が連なる急峻な山岳環境の中、固有種が多く生息・生育するわが国を代表する自然環境を有しています。富士川水系、大井川水系及び天竜川水系の流域ごとに古来より固有の文化圏が形成され、伝統的な習慣、食文化、民俗芸能等を現代に継承してきました。従来、南アルプスの山々によって交流が阻まれてきた3県10市町村にわたる地域が、「高い山、深い谷が育む生物と文化の多様性」という理念のもと、 南アルプスユネスコエコパークとして結束。南アルプスの自然環境と文化を共有の財産と位置づけるとともに、 優れた自然環境の永続的な保全と持続可能な利活用に共同で取り組むことを通じて、地域間交流を拡大し、 自然の恩恵を活かした魅力ある地域づくりを図ることを目指しています。                 (南アルプスユネスコエコパークHPより抜粋)